ホーム > 痛みのメカニズム > 歩行のメカニズム

足裏が接地する順番を、Flashで説明しています。

歩行のメカニズム

自然で健康な足跡には、実に複雑な凹凸があります。
それは、二足歩行をするための重要な構造として、人類が進化の過程で獲得した、3つのアーチによるものです。
通常、歩行時には、かかと、足の外側、つま先の順に接地し、足裏のアーチによって歩行時の衝撃を吸収します。
この時足首では、内側に倒れ込む「回内」と呼ばれる現象が起き、足裏のアーチが受けるショックをやわらげているのです。

ムービーで確認

ムービーを表示するには、Adobe Flash Playerが必要です。
このページの先頭へ